三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  第一話 其の①男子生まれる【前編】
天神様菅原道真公のお話
第一話
其の①男子生まれる【前編】

菅原道真公 舞台は、道眞公の父、文章博士である、菅原是善が、大学から帰る場面からはじまります。


文章博士(もんじょうはかせ) 菅原是善(すがわらのこれよし) が、うしろから声をかけられたのは、大学の門をでてまもなくでありました。 ふりかえって見れば、声の主は 大枝音人(おおえのおとんど)です。

「やあ、この暑いのに毎日よく御勉強ですね」

と是善がいったときは、もう二人は、並んで歩いていました。年はどちらも、ちょうど同じくらいですが、音人はまだ役人にもなれず、近く論文を出して役人になろうと、この頃はその勉強に、毎日大学に通っているのでした。日は西にかたむいて、道路にうつる二人のかげは細長かったが、夏の夕日はやりきれません。

「六月も、今日は二十五日だから今に少しづつは涼しくなりましょうが、どうにもたまりませんね。」

是善はべつに話すこともないので、思いだしたようにこういいました。音人は、「そうですね。」とそれには軽く答えておいて、力をこめて語りだしました。

「どうでしょう。詩文や学問は、もうおとろえるのではないでしょうか。弘法大師がなくなって、もはや十年になります。それでも 嵯峨(さが) 上皇がいらっしゃった。詩がお上手だし、書道もよくなさるし、その上詩人や学者を重んじて下さったから、人々は、上皇をわれわれの太陽だと申し上げた。ところが、その上皇も崩御(なくなること)あそばされてしまった。承和九年(八四二)の七月のことだったから、もうすぐ満三年になります。聞けば唐の白楽天も、この頃は老いこんで、もうながくはあるまいと申します。・・・・・日本の漢文学は、くだり坂に向かったのではないでしょうか。」

二人は街角をまがりました。桓武天皇がこの平安京に移らせられてから、もはや五十年、二人の通る両側には、もう空き地などはめったにありません。美しくぬられたお寺の門が夕日にかがやいて是善の眼を射るようでした。是善は、こころもち顔を音人の方に向けて、

「そんなことはないと思いますよ。」と語りだしました。

「なるほど、弘法大師がなくなり、また嵯峨上皇のおなくなりになったのは確かにさびしい。白楽天が年をとったことも、何だか心ぼそい気持ちをおこさせる。
しかし、この頃漢文のつづれる人、漢詩を作る人の多くなったことを思えば、おとろえるどころか、これからこそ栄えるのだといえましょう。少なくはなりましたが、まだ偉い人もいますよ。それ、東宮学士の・・・・・・。」

「ああ、小野 (たかむら) 先生ですか。」

「そうです。あの方は嵯峨上皇から、白楽天に同じだと、おほめの言葉をたまわったほどです。

これからさき、何人もあんな人が出るだろうと思います。いや、出なくてはなりません。あなたなども、これからです。しっかり勉強して偉い学者になってください。」

是善の話しぶりは、落ちついてもの静かであったが、しかし、力がこもっていました。聞きながら音人は、いつの間にか (こぶし) をにぎりしめていました。二人は、しばらく黙って歩きました。

それから間もなく、二人は別れました。一人になってからも是善は、さきほど音人にいった自分の言葉を、何度となく口の中で、つぶやいてみました。それは自分の言葉で、自分の心を励ましているのです。やがて家に帰りつきました。

いつも迎えてくれる妻の姿が見えません。是善は「はてな。」と思いながら、家にあがりました。

続きを読む

菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  第一話 其の①男子生まれる【前編】