三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その④月の桂(かつら)【後篇】
天神様菅原道真公のお話
第九話
その④月の桂(かつら)【後篇】


道眞の元服した年には、もはや文徳天皇はおかくれ遊ばされて、清和天皇の御代となっていました。清和天皇は、その前の年、御年九つで、ご即位遊ばされたのですから、道眞の元服した年は、ちょうど十歳をお迎えになったところです。

この清和天皇の御母は、藤原良房の御女です。この前の文徳天皇の御代から、藤原氏は羽振りがよかったのに、清和天皇の御母が、また藤原氏の出であらせられるろいうので、藤原氏はますます威勢がよい。それに天皇は、まだ十歳であらせられるというわけですから、藤原氏はそれを笠にきて、だんだんわがままをはじめてきました。

道眞の父是善は、学者ですし、文章が上手でしたから、よく人にたのまれて文章を作りました。ちょうどその頃、 刑部福主(おさかべふくぬし) という人から、四十歳になった祝いの文をつくってもらいたいと、たのまれていました。

是善は、これを自分の代わりに道眞に作らせることにしました。是善は、道眞はもはや大人になったのだから、と考えたからです。福主は、それをもらっても、道眞の書いたものとは、思いませんでしたが、後で聞いてびっくりしました。そのことを伝え聞いた人達も、道眞の学問のすぐれているのに、感心してしまいました。

文章博士である父に代わって文章が作れるくらいですから、十五歳といっても、もう大した学者です。しかし本当に一人前の学者となり役人になるためには、どうしても、大学を卒業せねばなりません。

そこで道眞は、まず、大学に入学するための準備をしました。父のところに来て学ぶ人たちの中に加わって、講義をきいたり、父に詩や文章を直してもらったり、また、 都良香(みやこのよしか) という先生のところに行って教わったりして、熱心に勉強しました。

十八歳の時、試験を受けましが、もちろん道眞は、楽々と合格しました。

今の大学は、法科や文科や工科などがあるように、昔の大学にもいろいろな学科がありました。たとえば、 明法道(みょうぼうどう)文章道(もんじょうどう)算道(さんどう) などといいましたが、道眞は、その中の文章道をえらびました。

文章道というのは、詩文・歴史を勉強する学科ですから、今でいえば文科ということにもなります。菅原家の人々が代々任ぜられた文章博士というのは、この文章道の博士ということです。道眞も、お祖父さんやお父さんと同じように、詩文・歴史をやることにしました

文章道の学生を文章生といいました。ですから、もはや道眞は、文章生菅原道眞というわけです。

続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その④月の桂(かつら)【後篇】