三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その⑭遣唐使を停む【後篇】
天神様菅原道真公のお話
第三十三話
その⑭遣唐使を 停む(とどむ) 【後篇】


「思えば遣唐使は、日本と唐とをつなぐ橋みたいなものだ。唐の文化は、この橋を渡って日本に入れられた。その結果、日本の文化は進んで、他国に負けぬくらいになった。しかし、遣唐使のために、どれだけの人の命をなくしたことだろう。また、どれだけの費用を使ったことだろう。でも、日本の成長のためには、そのくらいのことは我慢せねばならなかった。何とかして行きさえすれば、そこには日本を太らせてくれる栄養分が待っていた。だからどんなにしてでも行ったのだ。・・・・・が、しかし・・・・・。」

と道眞はなお深く考えました。

「今の唐の有様はどうだろう。すべてに弱りきっているというではないか。日本は、全くその反対だ。学問でも、仏教でも、唐に少しも負けぬどころか、むしろ唐よりは進んでいるくらいだ。こうなっている今でも、命がけで、唐に渡らねばならぬだろうか。」

道眞は、こう考えて、腕を組みました。

「いや、まだ考えねばならぬことがある。日本はもうこの辺で、『唐では』『唐では』という、唐に頼る考えを捨てねばならぬのではあるまいか。もはや、日本は大きくなった。この辺で、一人立ちしてみたらどうだろう。人に頼らず、自分で歩くほうが、かえって足を丈夫にする。唐からもらうことばかり考えていずに、自分自身でやってみる方が、日本のためになる。ーーーそうだ、この考えを天皇に申し上げてみよう。」

道眞は筆をとって、この意見を書きつけました。そして、それを天皇の 御手許(おてもと) に差し上げました。それは寛平六年九月十四日のことでした。

「遣唐使をおやめになてはいかがでございましょう。」

との道眞の意見をどう思うかと、天皇が主だった人にお尋ね遊ばされたのは、それから間もなくでした。人々は皆、

「道眞の申し上げるとおりでございます。」

とお答え申しました。そこで、天皇も道眞の意見をお用いになることとなり、長い間続けられた遣唐使も、今後は出さぬことに決まりました。道眞の意見の誤りでなかったことは、後になってわかりました。

唐は、それから間もなく滅びて、支那の文化は、その後しばらくは見るかげもなく衰えましたから、遣唐使を出しても役に立たぬことでした。あの時やめて、ちょうどよかったのです。また日本の文化がその後どんな風に発展したかを考えてみても、やめたのが良かったと思われます。

外から入ってくる文化に気をとられて、それを覚えよう覚えようと焦っているばかりでは、折角入れたのも、十分血となり肉となるひまがありません。まして、自分自身のものを育て上げることなどは考えも及びません。これまでの日本は、そうした有様でしたが、遣唐使をやめてからは、少し心の落ち着きが出来ましたし、胃に入れられたものが、消化し始めたといったようなわけでした。

それから間もなく、漢文学に代わって、国文学が盛んになり、ついには、紫式部の『源氏物語』や清少納言の『枕草子』というような立派なものがあらわれたり、和歌が今までの漢詩を (しの) いで栄えだしたなど、あちらでもこちらでも、いかにも日本の国にふさわしい文化が興りましたが、これというのも、遣唐使をやめたからのことだといえます。

道眞は、自分一個の名誉や利益よりも、日本の将来のことを大切に考えて、遣唐使を停められるようにと申し出たのでした。

そして、道眞の見通しに狂いはありませんでした。



続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その⑭遣唐使を停む【後篇】