三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  其の②学者の家【中編】
天神様菅原道真公のお話
第四話
其の②学者の家【中編】
阿呼(後の道眞公)の母は、よく阿呼に菅原の家の話をしてあげたのでした。菅原と名乗るようになった理由と、ご先祖様のお話の続きです。


それは、これまで土師氏の代々住んでいた土地の名前が菅原だったからです。

垂仁天皇の御陵(ごりょう・・・天皇・皇后・皇太后・太皇太后の墓。みささぎ。)を 菅原伏見東陵(すがわらのふしみのひがしのみささぎ) 、安康天皇の御陵を菅原伏見 西陵(にしのみささぎ) と申しますが、ちょうどこの二つの御陵の間のあたりが、菅原という土地です。

くわしくいえば、今の奈良県 生駒郡(いこまぐん) 伏見村 大字(おおあざ) 菅原、ここに土師氏は代々住んでいたのです。有名な 西大寺(さいだいじ) から南へ一キロメートルばかり行くと菅原で、ここには、土師氏の先祖にあたる野見宿禰をまつってある菅原神社があり、この地にある喜光寺というお寺は、菅原寺とも呼ばれています。

これからは、土師古人ではなくて、菅原古人といいました。古人の学問はぐんぐんすすんで、文章博士になり、皇太子様にご講義申し上げるという、名誉なお役を仰せつかり、とうとう今の大学総長にもあたる程の、 大学頭(だいがくのかみ) にまでなりました。

この人は、偉い学者になるだけに、非常に学問熱心で、家のことなどはすこしもかまわない。そこで、家は全く貧乏でした。男の子が四人ありましたが、古人のなくなったのちは、この四人の子供達は、着物や食物にも困るという有様でした。朝廷ではこれをお聞きになって、四人の者に衣服・学費を賜り、父のあとをついで学問をはげむようにとの、ありがたい御言葉をいただきました。

朝廷から、こんなにしていただいて、古人の子供達四人が熱心に勉強したことは、いうまでもありません。みなそれぞれ立派な人になりましたが、中にもすぐれた大学者が出ました。その人の名は 清公(きよきみ) 、阿呼のお祖父さんにあたります。そしてこのお祖父さんは、阿呼の生まれる三年前、七十三歳でなくなりました。

清公は若い時分、唐にわたりました。それは桓武天皇の延暦二十三年(804)のことです。清公はその時は、遣唐使の判官という役でした。同じ舟に空海や最澄も乗っていました。遣唐船に乗って唐に行くということは、学問にこころざす青年の皆がもつあこがれでした。清公は、どんなに得意だったかしれません。

唐の長安京は日本で考えていたより幾倍か大きくて美しかったし、唐の人々は、誰も彼も学問があるようにみえました。唐の人に負けてはならぬ、日本を唐に負けぬ立派な国にしなければならぬ、それには何よりも勉強が第一だ、学問だ、と考えた清公は、長安の町を見物してまわるよりも、書物をさがすことに熱心でした。

清公が唐から帰って来ると、菅原の家には急に書物がふえました。唐から帰って来たのちの清公は、それまでにもまして勉強しましたから、つぎつぎと重く用いられて、ついには文章博士・大学頭となりました。

菅原の家には、古人・清公と二代つづいて大学者が出たわけです。

続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  其の②学者の家【中編】