三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  其の③双葉芳し【後編】
天神様菅原道真公のお話
第七話
其の③双葉芳し【後編】


紙には、『月夜見梅花』と記してありました。月の夜、梅の花を見るという題なのです。阿呼は、渡された紙と筆を持ちながら、チラリと庭の方に眼をやったかと思うと、すぐ筆を動かしはじめました。

そばにいる父は、ほほえみながら見ていましたが、実は気が気ではありません。書き終わって、忠臣の前に差し出した紙には、火のように記されていました。

 月 耀 如 晴 雪   梅 花 似 照 星
 可 憐 金 鏡 轉   庭 上 玉 房 馨

これは、

 月輝きて、晴雪(せいせつ)の如く、
 梅花は照星(しょうせい)に似たり。
 (あわ)れむべし、金鏡転じ、
 庭上、玉房(ぎょくぼう)かんばし。

と読み、その意味は、次のようになります。

月は照りかがやいて、あたりは晴れた日の雪景色のように見え、梅の花は、キラキラひかる星にも似て見える。窓には黄金の鏡にも似て、美しくかがやく月のおもしろさ、その上、庭には高くかかる梅の花、ああ、何という美しい夜であろう。

読み終わった忠臣は、紙を是善に渡しながら申しました。「いや、大したものでございます。・・・・・さすがに、さすがに。」

よほど感心したのでしょう。忠臣は頭を、右に又左に、何度となくかたむけ、顔が少し青ざめてさえきました。是善は、

「いや、なあに」

といったものの、心のうちのうれしさは、包みきれません。ニコニコしながら、優しい眼差しで、阿呼の方を見るのでした。

続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  其の③双葉芳し【後編】