三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その⑭遣唐使を停む【中篇】
天神様菅原道真公のお話
第三十二話
その⑭遣唐使を 停む(とどむ) 【中篇】


誰か、邪魔をする者があらわれたのでしょうか。或いは、船に乗るのが怖かったのでしょうか。いや、そのどちらでもありませんでした。

道眞は、日本の国のために、遣唐使をやめた方がよいと考えたのです。日本のためを考えて、やめた方がよいと信ずれば、自分が行けなくなるとか、家のほまれをあげられぬといか、そんなことは一切かまわずに、遣唐使は、おやめになるのがよろしいと存じます、と申し出る道眞でした。

道眞が、遣唐使に任ぜられる少し前のこと、道眞のもとに一通の手紙が届きました。それは、我が国から唐にいっている、中かんという僧侶からの手紙でしたが、それには、

「唐の国は、この頃全く乱れて、もはや唐は滅びてしまうのではないか、と思われるほどでございます。唐がこのようになってみれば、わざわざ日本から、唐に渡って来る必要はないと存じます。」

とあらましこのように記してありました。
道眞はこの手紙を見て、ひとりでいろいろ考えました。

先ず、思い出されるのは、これまでに行った遣唐使のことでした。中にも、祖父の清公が行った時のことは、お祖父さんの行った時のことが、先ず思われるのでした。

「清公らが唐へ渡ったのは、桓武天皇の延暦二十三年(804)であるが、これは、実は初めの計画が、一年延びてのことだった。それというのも、初めの時は、出発はしたが、暴風雨にあって多くの人が溺れるし、船はいたんでしまったから、仕方なく引き返し、それから一年かかって船の修繕をすませ、やっと出発できたのが、延暦二十三年というわけである。しかしこの時もまたひどい嵐にあった。そして四そうの中の第三船・第四船の二そうは、波に流されて、どこに行ったやらわからなくなり、第一船・第二船だけが、やっとの思いで唐についた。それも、大使藤原葛野麻呂(かどのまろ)の乗っている第一船と清公らの第二船とは、わかれわかれになって着いたほどだった。」ーーー

道眞は、ついこの前の遣唐船のことをも思い出しました。

「いや、この間のも、ひどい目に遭ったということだ。四艘は博多を出ると、間もなく 大時化(おおしけ) にあって、すぐさま散り散りになった。そのうち三艘は、博多に逃げ戻ることが出来たが、一艘は百五十人近く乗っていたのに、皆溺れてしまって、僅かに三人だけが残り、それも対馬に流れ着いた。そこで翌年は、仕方なく、三艘だけで行くことにしたが、これがまた玄界灘で大風に遭い、二艘は 壱岐(いき) に、一艘は値賀島(ちかのしま・・・今の長崎県の福江島)に吹きつけられた。それでも懲りずに、三度目を思い立った。そして、ようやく唐に着くには着いたが、その危なさは、前と少しも変わりはなかった。」ーーー

中かんからの手紙を見て、道眞は、遣唐使のこのような歴史をもふり返ってみましたが、といって、遣唐使をやめた方がよいかどうか、そんなことまでは、考えていませんでした。

ところが、道眞に、突然、遣唐大使の勅命が下りました。道眞は、そこで改めて、遣唐使の問題を考えてみました。



続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その⑭遣唐使を停む【中篇】