三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その⑩讃岐に赴く【前篇】
天神様菅原道真公のお話
第二十一話
その⑩讃岐に赴く【前篇】


毎年の例に従い、光孝天皇の仁和二年(886)正月にも、地方官の任命が行われました。転任になった人、新しく任ぜられた人の多い中に、菅原道眞の名も見出されました。

道眞が、 讃岐守(さぬきのかみ) に任ぜられているのです。これには皆驚いてしまいました。

菅原家は代々学者の家だから、都にいるのが当然だと考えられていた、その菅原家の道眞が文章博士・ 式部少輔(しきぶのしょういう) の官から、 讃岐守(さぬきのかみ) にうつされたというのです。
人々は自分の耳を疑ったほどでした。

「ひどいことをなさるものだ。」

「一体、誰のはからいだろう。」

と憤慨し、道眞に同情する者が多かったが、どうにもなりません。この頃の藤原氏の勝手さ加減から見れば、このくらいのことはあたりまえでしょう。

摂政良房も威勢がよかったが、良房のあとをついだ基経に至っては、わがまま勝手のしほうだいです。

元慶八年(884)、陽成天皇が御位を退かれて、光孝天皇のご即位となったのも、基経のはからいだと噂されていました。

そのくらいですから、この頃は全く藤原氏の都合次第、基経の思いのままに万事をとりはからっています。

道眞のことも、今の時勢ではいたし方がありません。誰が道眞をにくむ者が、基経に申して、こんなことをしたに違いない。と思うものもありましたが、口に出しては、それこそどんなことになるかわからないので、ただヒソヒソとささやき合うのみでした。

世間の人達が、道眞に同情した理由は、まだあります。

それは、都の人達の田舎嫌いです。

花の都に住むことは、誰しも望むところですが、特にこの頃の人々は、都を離れることを嫌いました。

地方に行くと、学問のわかる人や、詩の作れる人はほとんどいない。詩を作って見せ合ったり、学問上の話をしたりする人がないとすれば、何とさびしいことだろう。それに地方の人達は言葉はいやしいし、礼儀をもわきまえない。眼をたのしませ、心を慰めてくれるものもない。そんな所には、一日だって住めない。地方に行かねばならぬくらいなら、死んだ方がましだ。

ーーー都の人々はこんな風に考えていたからです。

まして、道眞の家は、代々文章博士となって学問を講じ、天皇の御側近くに参じて、御講義も申し上げようという名誉の家です。

こうした家のあるじとして、日本一の学者として、上下に尊敬されている道眞が、遠く海を渡って四国に行かねばならぬなどとは、誰一人夢にも思わぬことでした。

「お気の毒なことだ。」

と人々の語り合うのももっともです。



続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その⑩讃岐に赴く【前篇】