三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  其の④月の桂(かつら)【前編】
天神様菅原道真公のお話
第八話
其の④月の桂(かつら)【前編】


阿呼の学問はメキメキ進みました。
十四歳で、

『臘月獨興(ろうげつ・・・12月ひとりきょうず)』

という題の詩を作りましたが、世の中の人々は、「とても、子供とは思えない。」と聞くほどの者は、皆舌をまいて驚きました。

その年があけると、貞観元年(859年)で、阿呼は十五歳。男の子は十五歳になると、もう一人前の男子だとその頃の人々は考えていました。十五歳で大人になるわけです。その儀式を 元服(げんぷく) といいました。阿呼もいよいよ、元服の式をあげねばなりません。

一人前の男子になるというのですから、おめでたいことに違いありませんが、わけても阿呼の両親は、この日を迎えたことをよろこびました。と申しますのは、阿呼の兄達は、二人とも幼い頃なくなってしまい、この子こそはと、心をこめて育てたかいがあって、今、十五歳の春を迎えたのです。

両親は、「やれ、よかった。」とよろこびあいました。そうでなくても、阿呼は、菅原の家をつぐ大切な男の子、家ということから考えても、阿呼の元服はおめでたいことでした。その上、阿呼は人並すぐれて賢く、学問がよくできるというのですから、両親のよろこびが人一倍であるのも、もっともと思われます。
いよいよ、元服の式をあげる日がまいりました。儀式は、おごそかに行われました。そこでみている母の眼には涙が光っています。今日までの十五年の間のいろいろなことが思い出されるのでしょう。よくも。こんなに大きくなってくれたと思えば、うれしくて、ひとりでに涙がにじんでくるのです。しかし母は、昔のことを考えてばかりはいませんでした。

「さあ、これからだ。阿呼も今日から大人になったのだ。しっかり勉強してくれるよう、そしてお祖父さんにも、お父さんにも、負けぬほどの、大学者になってほしい。菅原の家の名誉を一層高めてもらいたい。いいえ、阿呼のことだから、きっと家の名をあげてくれるに違いない。」

こう考えていると、母はじっとしておられませんでした。母は、この心を歌であらわしました。その歌は次のとおりです。

ひざかたの
  月の桂(かつら)も折るばかり
      家の風をも吹かせてしがな

(立身出世することを月の桂をおるというが、お前もどうか月の桂も折るばかりに、立派な人になり、出世して菅原の家の名をあげてほしい。)

阿呼は、この日から、道眞という名前にかわりました。

続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  其の④月の桂(かつら)【前編】