三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その22 明石の驛(うまや)【前編】
天神様菅原道真公のお話
第四十八話
その22 明石の驛(うまや)【前編】


都の町はずれまでは、奥方の名代(みょうだい・・・ある人の代わりをつとめること。また、その人。)として、使いの者が見送ってまいりました。筑紫までのお供がかなわぬというので、せめてもの名残を、使いを立てて、途中まで見送られたのでありましょう。

その使者が、いよいよお別れを申し上げて、都の方に引き返そうとすると、菅公は歌を詠んで、これを奥方に伝えよと命ぜられました。

その和歌は、次の通りでありました。

君が住む宿の (こずえ) をゆくゆくも
      かくるるまでにかえり見しやは

わずかに四年の間、讃岐に行っていただけで、五十幾年という永い間住みなれた平安京です。そこには祖先代々の人々が眠り、奥方もさびしく残されています。

菅公は後ろ髪を引かれる思いで、幾度となく東の方を振り返りました。やがて奥方の使者の姿も消えてしまい、 東寺(とうじ)の五重塔もかくれてしまいました。

菅公は眼を閉じて、ただ (こし) の揺れるのに身をまかせていました。

今の大阪を、その頃は、難波といっていましたが、その難波から船に乗ることなっていました。

菅公は、船に乗る前の一日をさいて、今の道明寺、その頃の 土師(はじ) の里に行かれました。

それは、ここに 覚寿尼(かくじゅに) というおば様がおられたからであります。

覚寿尼(かくじゅに) も、風のたよりにこの度のことを聞いてはいましたが、女の身、それに年老いては、せんすべもないと諦めていましたのに、菅公の突然のおとづれ、覚寿尼(かくじゅに) は夢かとばかりよろこんで、菅公の手をとって泣きくずれました。

それは、思いがけなくも会うことの出来たよろこびと、不幸な甥の身の上を悲しむ心とのうれしくも悲しい涙でありました。

その夜、年老いたおばと、これまた白髪まじりの甥との物語は、それからそれへと中々つきませんでした。

是善卿(これよしきょう・・・菅公の父)の生きていた頃のこと、 菅原院(すがわらのいん) 、さては紅梅殿のこと・・・・・。

覚寿尼(かくじゅに) はきいては語り、語っては泣くのでした。

もはや残る命も長くないと思うおばにとっては、これがこの世での最後としか思えません。

そう思えば、いくら語っても、いくら泣いても、まだ足りません。菅公にしても、とっくの昔に両親を失っていますので、覚寿尼(かくじゅに) と語ることは、母に告げ、父と語るように思われて、なつかしくてなりません。

二人の話は、いつ果てるともわかりませんでした。



続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その22 明石の驛(うまや)【前編】