三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その21 流れゆく身【前編】
天神様菅原道真公のお話
第四十六話
その21 流れゆく身【前編】


醍醐天皇を廃し奉って、 斎世(ときよ) 親王を天皇の御位におつけ申し上げようなど、そんな大それたことは夢にも考えたことがない。
全く身に覚えのないことで、官職を奪われ、九州の果てに流されるという。
それも、自分のみか子供達までも。
いや、自分に親しかったというだけの理由で、流された者も多い。」

菅公は、考えれば考えるほど、情けなくてたまりませんでした。

「しかし、天皇の御言葉である。天皇のご命令とあれば、従い奉らねばならぬ。」

と菅公は嘆きのうちにも、もはや心をとりなおしました。

過ぎ去った今日までのことを思い起こせば、いろいろと胸に迫ってくるものがありました。

中でも、宇多法皇の御恩が思い出されました。海よりも深い御恩の万分の一にもお報いできぬうちに、退けられて、九州の果てに下らねばならない。何としても、それが一番心残りでした。

「せめて一言、御暇乞い(いとまごい・・・別れを告げること。別れのあいさつ。)申し上げておかねばならぬ。」

その心を一首の歌に詠んで、法皇の 御許(おんもと) にお届けいたしました。

流れゆく我はもくづとなりぬとも
       君しがらみとなりてとどめよ

法皇は、これを御手にされて、夢かとばかり驚きになりました。全く寝耳に水のたとえのとおりでした。

それを御覧になるが早いか、とるものもとりあえず、御供の行列も整えさせられずに、急ぎ内裏(だいり・・・皇居)へとお向かいになりました。

常は御乗物に召さるる御身ながら、御急ぎなので、今日はその御用意を命じ給う 御暇(おいとま) もなく、御日常の御召物のままで 御徒歩(おんかち) です。

道眞の身の上を御案じになって、一刻も早くと急ぎ給う法皇の御心は、まことに尊き極みでありました。

やがて内裏の御門に近づき給うて、御覧になれば、御門の扉は固く鎖され、番兵が厳重に守っています。

「帝への対面である。門をあけよ。」

と仰せられましたが、番兵たちは、

「ただ今、御門の御通行は、かなわぬとの御命令でございますから。」

と申し上げるばかりです。

これも時平らのたくらみでありました。

菅公を流すときまれば、きっと法皇が御出ましになって、天皇に御聞きただしになるに違いない。そうしたら時平らのたくらみがあらわれて、それこそ大へんだ。

菅公が罪におちないのみか、反対に自分達が罰を受けることになる。何よりも大切なことは、法皇と天皇とが御対面なさらぬことだ。たとい法皇がお越しになっても、内裏へお入れ申してはいけない、というので、下役人達に固くいいつけて、御門をしめさせ、その番をさせていたのです。

法皇はこれはただ事でないと思し召され、

「では、門のあくまで、ここで待っておる。」

と仰せられ、恐れ多くも御敷物を地に敷かれて、お待ちなさいました。



続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その21 流れゆく身【前編】