三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
三浦半島唯一学問の神 久里浜天神社
  • 天神様菅原道真公のお話
  • 初宮詣
  • 七五三
  • 合格祈願
  • 病気平癒
  • 厄払い・方険八方除け
  • 安産
  • 交通安全
  • 出張祭典
ホーム  >  天神様菅原道真公のお話  >  その⑥官途(かんと)につく【前篇】
天神様菅原道真公のお話
第十二話
その⑥官途(かんと)につく【前篇】


「火事だ、火事だ。」

「内裏の方がやけている。」

大声でさけびながら、バタバタと駆けていく人の足音はだんだんひどくなる一方です。

道眞は庭におりました。
なるほど、北の空が真赤です。銀の砂をまいたような星空に、時々大きな炎が舞い上がります。
また、人の声が塀の外から聞こえます。

「応天門が火元だ。もうおおかた焼けてしまった。」

「応天門の左右につづく 栖鳳樓(せいほうろう)翔鸞樓(しょうらんろう) にも、火がまわったらしい。」

「大極殿はとりとめたいものだ。」

とぎれとぎれに聞こえる話し声で、応天門の火事だと知れました。

「応天門といえば、大極殿の真ん中の大きな御門。惜しいことだ。それにしても、御門が焼けるとは一体どうしたことだろう。」

道眞は首を傾けて考えました。が、考えることをやめて、家の中に入りました。筆をとって、さきほどからの書きかけをつづけました。書きものは、『 顕揚大戒論(けんようだいかいろん) 』の序文です。道眞は、それを書くことを父に命ぜられているのです。父は、それを 天台座主(てんだいざす)安慧(あんえ) から頼まれたのですが、自分に代わって、道眞に書くように命じたのでした。

『顕揚大戒論』というのは、安慧の書いたものです。安慧は天台座主といって、 伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう) の開いた、 比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ) のことを統べる(・・・統率する)という偉いお坊さんです。

その安慧の書いたものに序文がほしいというので、その頃の第一流の学者と評判の高い、是善に頼んできたのでした。是善は、それを、自分に代わって道眞に書かせようというのです。

父に代わって、天台座主の書いた書物に序文を書く。それも、まだ学生の道眞が書くのです。うまく書かねば父の名折れだというので、都の人々の、「火事だ、火事だ。」と騒ぐのにも眼をくれず、また机に向かったのです。

貞観八年(886)、うるう年三月十日のことです。

道眞が思ったとおり、応天門の火事は、並々のことではありませんでした。誰かが火をつけたということです。

「一体誰だろう。大それた者もあるものだ。」

人々はよるとさわると、この話でもちきりでした。

「左大臣  源 信(みなもとのまこと) が火をつけたのだとさ。」

町のうわさは、またひとしきりやかましくなりました。しかし道眞は、つづけて『顕揚大戒論』の序文のことばかり考えていました。


続きを読む


菅原道眞公のお話 目次
第一話 其の①男子生まれる【前編】(10/2) 第二話 其の①男子生まれる【後編】(10/3)
第三話 其の②学者の家【前編】(10/4) 第四話 其の②学者の家【中編】(10/5)
第五話 其の②学者の家【後編】(10/6) 第六話 其の③双葉芳し【前編】(10/7)
第七話 其の③双葉芳し【後編】(10/9) 第八話 其の④月の桂【前編】(10/11)
第九話 其の④月の桂【後編】(10/13) 第十話 其の⑤文武を磨く【前編】(10/15)
第十一話 其の⑤文武を磨く【後編】(10/17) 第十二話 其の⑥官途につく【前編】(10/21)
第十三話 其の⑥官途につく【中編】(10/24) 第十四話 其の⑥官途につく【後篇】(10/28)
第十五話 其の⑦母をうしなう【前編】(10/30) 第十六話 其の⑦母をうしなう【後篇】(11/1)
第十七話 其の⑧文章博士【前編】(11/3) 第十八話 其の⑧文章博士【後篇】(11/6)
第十九話 其の⑨白氏に同じ【前篇】(11/8) 第二十話 其の⑨白氏に同じ【後篇】(11/10)
第二十一話 其の⑩讃岐に赴く【前編】(11/12) 第二十二話 其の⑩讃岐に赴く【後篇】(11/15)
第二十三話 其の⑪阿衡の儀【前編】(11/17) 第二十四話 其の⑪阿衡の儀【中編】(11/19)
第二十五話 其の⑪阿衡の儀【後編】(11/21) 第二十六話 其の⑫春立ちかえる【前編】(11/23)
第二十七話 其の⑫春立ちかえる【後篇】(11/25) 第二十八話 其の⑬歴史家道眞【前編】(11/27)
第二十九話 其の⑬歴史家道眞【中編】(11/30) 第三十話  其の⑬歴史家道眞【後編】(12/2)
第三十一話 其の⑭遣唐使を停む【前編】(12/4) 第三十二話 其の⑭遣唐使を停む【中編】(12/7)
第三十三話 其の⑭遣唐使を停む【後編】(12/13) 第三十四話 其の⑮知命の賀【前編】(12/15)
第三十五話 其の⑮知命の賀【後編】(12/18) 第三十六話 其の⑯天皇の師伝【前編】(12/21)
第三十七話 其の⑯天皇の師伝【後編】(12/26) 第三十八話 其の⑰大和への旅路【前編】(H.17/1/24)
第三十九話 其の⑰大和への旅路【後編】(1/24) 第四十話 其の⑱右大臣に昇る【前編】(1/29)
第四十一話其の⑱右大臣に昇る【後編】(2/9) 第四十二話其の⑲御衣を賜わる【前編】(2/14)
第四十三話其の⑲御衣を賜わる【後編】(4/15) 第四十四話其の⑳禍きたる【前編】(4/20)
第四十五話其の⑳禍きたる【後編】(4/21) 第四十六話其の21 流れゆく身【前編】(4/23)
第四十七話其の21流れゆく身【後編】(4/25) 第四十八話其の22明石の驛【前編】(5/4)
第四十九話其の23明石の驛【後編】(5/10) 第五十話其の24筑紫への道(7/5)

ページトップ
ホーム  >  その⑥官途(かんと)につく【前篇】